和とじ館結婚芳名帳・証明書制作布見本

京都和とじ館

 

  

 

下記100〜110の11種の美術布より、結婚芳名帳・証明書・証明書付芳名帳を制作いたします。布はすべて金襴緞子です。

            ご注文はこちらへ 

          お尋ねメール:mado-info@watojikan.com 

          

100

 

 

七宝雪月花文様(しっぽうせつげっかもんよう)

白地に七つの宝を象徴する七宝文様を織り込み、その七宝が、月、雪、花をやさしく包む清楚で、温かみのある文様です。雪月花を包みこむことで、どんなな時でも美しく支えあい、輝き栄えていくことを象徴しています。結婚式には最適な美術布です。

拡大画像

101

 

 

 

金糸七宝連続文様(きんししっぽうれんぞくもんよう)

色は金色一色で、そこに七宝文様が連続して織られています。地味ではありますが、落ち着きのある金糸が風格をかなでます。         

拡大画像

102

花菱唐草格子文様(はなびしからくさこうしもんよう)

唐草地に四色の花菱文様が連続して織り込まれた永久(とわ)の繁栄と安定を象徴する吉祥文の金襴どんす。格子文様が連続しており紫・橙・金・深草の色が大変鮮やかに浮かびでます。素材:ベンベルグ)  

拡大画像

103

流水松竹梅文様(りゅうすいしょうちくばいもんよう)

鮮やかな朱地に、金の流水が描かれ、松竹梅文様が織りなされた豪華な金襴緞子。松は常磐松で長寿を、竹はすらりと伸び、節高く清廉を、そして梅は清い香りを発するところから雅(みやび)の象徴とされます。(素材:ベンベルグ)

拡大画像

104

金糸唐草竹屋町文様(きんからくさたけやまちもんよう)

天に地に伸びゆく桔梗の姿を図案化した唐草を金糸で連ねた繁栄と平和を象徴する金襴緞子です。京都竹屋町で図案化されたもので「竹屋町緞子」とも呼ばれる伝統のものです。 

拡大画像

105

紅赤地金梅飾文様(べにばなぢきんばいかざりもんよう)

紗綾(さや)型模様の紅赤地に、梅の花を金糸でやさしく連続させた文様。継承と繁栄、さらに美を象徴する文様。西陣織りの美しい金襴緞子です。

拡大画像

新106

青色地花織文様金襴緞子(あおいろりはおりもんようきんらんどんす)

淡い青地に、紫・薄紅・茶の花がを折り込み、その花々を金糸で織られた枝や茎が連続した美しい文様です。いつまでも仲良く栄え続けることを象徴します。

拡大画像

107 

七宝地花菱小花文様(しっぽぢはなびしこはなもんよう)

連続した七宝文様の中にやさしく小さな花菱が包まれた文様。七宝は金銀瑠璃(るり)瑪瑙(メノウ)真珠・白珊瑚(シャコ)玻璃(水晶)をいい、繁栄の象徴とされます。むかしから晴れの席で用いられてきました。(素材:ベンベルグ)          

拡大画像

108 

水色地金糸唐草金襴緞子(みずいろちきんしからくさきんらんどんす)

とてもきれいな水色(晴青)の地には、紗綾(さやかた)文様がはいり、その上に金糸で唐草文様を織り込んだ金襴緞子を表紙に用いて朱印帳としました

拡大画像

109 

金糸唐草小花竹町文様(きんしからくさこばなたけやまちきんらんどんす)

104同様の「竹屋町緞子」と呼ばれる伝統のもので、104よりも小さな小花が連続して織られ、落ち着きの中に気品の漂う美術布です。本来「竹屋町緞子」は、薄い羅(ら)と呼ばれるシルク地に金糸で刺繍を施したもので、最も高価な美術布として珍重されたものです。その図案を元に織物にしたものです。

拡大画像

110 

流水扇散文様(りゅうすいおうぎちらしもんようきんらんどんす)

流水文様は文様の中でももっとも古いとされる文様の一つで、人の暮らしに欠かすことのできない水が絶えることのないよう願いを込めたとされます。この縁起のよい流水文様に扇を鮮やかに散らすことにより、いつまでも華やかで途絶えることのない繁栄を表しています。まさに結婚式にふさわしい文様です。。

拡大画像

                        

                                       

    京都和とじ館 (有)オフィス・コシイシ 編集と和本制作 〒520-0011 大津市南志賀1−11−24 

    TEL077-575-2912  メール mado-info@watojikan.com  fax 077-521-2521