和とじ館一口知識 緞子(どんす)とは

     和本教室】【ホーム 

緞子(どんす)

 緞子は染織した糸を用いても織る「先染め織物」の一つで、多くは経(たて)糸と緯(よこ)糸の色を変えることで鮮やかな文様を織りなします。

 中国で元代に創作され、日本には明代に伝わったようです。日本に伝わった緞子は名物裂(めいぶつきれ)と呼ばれ、珍重されました。

 日本では堺や西陣で中国緞子をまねて織られますが、やがて日本独自の技術を持った物も多く生まれます。明治十年代に最も多彩なものが織られます。素材は生糸のほか木綿、新繊維(化学繊維)糸なども用いられます。文様は中国から伝来したものを基本にして、時代時代変化しています。   

 
    京都和とじ館 (有)オフィス・コシイシ 編集と和本制作 〒520-0011 大津市南志賀1−11−24 

    TEL077-575-2912  メール mado@watojikan.com  fax 077-521-2521