和とじ館一口知識 金襴緞子(きんらんどんす)とは

     和本教室へ】【ホーム 

金襴緞子(きんらんどんす)

 中国で昔から織られていた綾錦(あやにしき)の一種で、名物裂(めいぶつきれ)とも言われます。本来は漆を塗った紙に金箔を置き金箔紙を作り、その金箔紙を糸状に切り、これを緯(よこいと)として鮮やかな文様を織り込みました。その後金糸を用いて織った綾錦をこのように称するようになります。

 中国元・明代に盛んとなり、日本には足利時代に堺のに伝わり、堺で織られますが、やがて生糸があつまる京都西陣に伝わり、西陣を中心に、伝来の唐文様を中心としつつも新しい文様が創意工夫され独自の発展をとげます。文様は伝来の文様を基本とし、時代時代にすこしずつアレンジし多彩な文様が生まれます。

 金襴緞子は染織中最も豪華なものとされ、素材は生糸が基本でしたが、最近では生糸と変わらない輝きと手触りを持つベンベルグ・人絹などが用いられています。

 
    京都和とじ館 (有)オフィス・コシイシ 編集と和本制作 〒520-0011 大津市南志賀1−11−24 

    TEL077-575-2912  メール mado@watojikan.com  fax 077-521-2521